はじめに

サイト記事を時折更新していますが、改めて本当に書きたいことは何であろう?と考えてみました。

 

私の人生のコンセプトが、「人生を楽しく生きる大人を増やす」ということです。
特に50歳代の同年代の人に、限られた残りの人生を楽しく満たされて生きてもらいたいという想いがあります。
楽しく人生を生きている大人が沢山いれば、若い人・子供も、人生とは楽しいものであると認識してくれるのだと思います。

 

もう1つは、「日本人を強くして行きたい」ということ。
最近は、日本にも海外の人々が多く来て、大量のお金を落として行ってくれています。
東南アジア系諸国の新興国は成長著しく、非常に勢いがあります。
これに比べ、現在の日本は、全体的に余りパッとしていない感じがしています。
日本がこのまま衰退して行くのではなく、昔の高度成長期の勢いを取り戻して欲しいと思っています。

 

また、以下の言葉は、人生を生きていく上で大変貴重な指針であると言えます。
人間が成長するためには旅が必要
貢献の人生を生きる
北へ向かえ

そんな想いを持ちながら、私の考えを書いて行きたいと思います。

 

ANA ダイヤモンド
HILTON ダイヤモンド
Marriott・spg プラチナエリート
IHG エンスパイアエリート
Accor ゴールド

50代 ネオホテル伯爵
2018年12月
—————————————-

 

まずはじめに、私がどういう目的で、何のためにこのサイトを立ち上げているのかについて説明したいと思います。

ポイントは大きく3つあります。
 

お隣の国の人達がに日本に来て爆買いをしています。
この光景をみて、どう思いますか?

1985年のプラザ合意を切っ掛けに、一気に円高になりました。
1991年のバブル崩壊までの期間、日本人は何をしていたのか?

当時の日本はバブル全盛の時期でお金が有り余っており、ヨーロッパへ出掛けて行っては、エルメスやヴィトンを買い漁っていました。
日本人がヨーロッパで爆買いをしていたのです。

今のお隣の国の人達と同じ行動を日本人も実施していました。
比べてみると、20〜25年の時間差があります。
国単位で見た場合でも、流れのようなものが感じられます。

では、これからの日本はどうなって行くのでしょうか?
私が常々考えていることです。

この時代の流れと共に、ホテルの使い方、ホテル自体も変わって行くものだと考えられます。
ダーウィンは、「変化する者だけが生き残る」と言いました。
これからホテルは、どのように変わっていくのか、楽しみですね。


 

ホテルはどのような目的で利用しますか?

先日、某大手ホテルチェーンのとある国のホテルに宿泊しました。
必ずどこにでも居る日本人をはじめとするアジア人が、珍しくほとんど居ませんでした。

そして、白人の家族連れが多数宿泊していました。
一人での宿泊者もほとんど居ませんでした。

家族でホテルに宿泊する。
これが1つのキーワードかもしれません。

どうせホテルに宿泊するのであれば、一緒に行く家族を喜ばせてあげたい。
私は常にそういう想いでいます。

 

そして大事なこと。
飛行機の上級会員は広く認知されて来ています。
「マイル修行」という言葉も一般的になって来ました。

しかし、飛行機は移動手段の一つであり、旅行という大きなカテゴリーの中の、ほんの一部となります。
例えば、一週間海外旅行に行くとすると、飛行機は往復の移動のみです。
片道12時間として、往復で24時間。
その間をいかに効率よく快適に過ごすかということです。

その点ホテルは、現地に居る一週間、毎日利用します。
飛行機利用の24時間を明らかに上回る時間利用します。
さらに生きていくために必要な食事も関係して来ます。
説明する必要もなく、明らかにホテルに力を入れるべきなのです。
これからは「ホテル修行」をする人も増えていくことでしょう。


 

これらを踏まえて、全くのホテル初心者の方にもお役に立てるようサイト運営して行きたいと思います。
ノンビリ気長にお付き合い頂ければ幸いです。

ANAダイヤモンドメンバー
ヒルトンダイヤモンドメンバー
50代 ネオホテル伯爵
2018年1月